超初期の症状に気づく|女性が安心できる中絶手術ができるクリニック|プライバシー守れます
ドクター

女性が安心できる中絶手術ができるクリニック|プライバシー守れます

超初期の症状に気づく

病棟

人工的に妊娠中絶をするための手術は法律によってできる期間が決められています。22週目以降は中絶手術をすることができないので、21週6日を超えることのないように気をつけて大阪の病院を受診しましょう。手術は初期中絶手術といって、妊娠中絶が早ければ早いほど母体にも影響を及ぼさないので、早めの対策が必要です。しかし、中には対策が遅れてしまう人もいて、妊娠中絶をすることができなかった、という事態も起こりうるのです。それはなぜかというと、妊娠していることに気づかない、あるいは確証が得られないので検査を先延ばしにしてしまう場合です。そういったことがないように、普段から大阪にある産婦人科を受診し、不正出血や生理不順などの対策をしていくといいでしょう。

なぜ女性が妊娠していることに気づかないのかというと、普段から体調不良で妊娠超初期の症状に気づかないためです。大阪にも婦人科系の病気にかかって産婦人科を利用している人は多いのですが、こういった婦人科系の不調はなかなか医療機関に相談しにくいという実情があります。そのため自分のいつもの体調の変化を見逃しやすいのです。強い眠気や胸が張る、酸っぱいものが欲しくなる症状が出れば妊娠超初期といえますが、これはとても見逃しにくい症状です。もし大阪にかかりつけの医師がいて、性交渉をした後にそういった症状があれば相談しましょう。妊娠中絶をすることが決定していて、妊娠が疑わしい場合、産婦人科での検査なら市販の検査キットよりも判断が正確なので、早めに検査をしてもらうといいです。