痛みを感じない|女性が安心できる中絶手術ができるクリニック|プライバシー守れます
ドクター

女性が安心できる中絶手術ができるクリニック|プライバシー守れます

痛みを感じない

ドクター

中絶手術には掻爬法や吸引法、人工陣痛を促す手術などがありますが、その他にも無痛中絶手術というものがあります。大阪でもこの無痛で妊娠中絶を行なう手術ができるところもあるので、いろいろと口コミを探してみるのも良いでしょう。痛みといっても、掻爬法や吸引法でもそれほどの痛みは発生しません。まずは妊娠中絶の際に感じると予想される痛みについて理解し、次に無痛中絶手術について知っていきましょう。大阪の産婦人科では、基本的に妊娠中絶の際に前処置をします。このときに少し痛みを感じるという人もいます。人工で中絶させるためには手術がやりやすくするために子宮頸管を広げます。初期の妊娠中絶で行なわれる手術である掻爬法では、膣から器具を入れて組織を掻き出すことになるためです。この頸管を広げる際に痛みを感じます。手術中には麻酔をかけるため痛みを感じることはほとんどありません。痛いといえば点滴の際に刺す注射と、膣内を洗浄する際です。中絶手術後には大阪で行なわれる妊娠中絶の場合は殆どがすぐに帰宅することができますし、痛みを感じる人も少ないといいます。しかしまれに生理痛に似た痛みが起こることもあるのです。

大阪でも増えてきている妊娠中絶法である無痛中絶手術は、まず術前に処置を行なわないのが特徴です。子宮頸管を広げるための処置をしないので、術前の痛みが全くないのです。手術の間ももちろんこの工夫がなされています。麻酔では筋肉注射をするので激痛を感じる人もいるといいますが、無痛中絶手術なら飲み薬やシールで麻酔をかけるので痛みがないのです。このようにストレスの少ない手術がなされているので注目です。